MENU

マイナチュレとベルタを比較してみました

マイナチュレ ベルタ 比較

女性用育毛剤として大人気のマイナチュレですが、最近はベルタ育毛剤も女性に大人気です。どちらも無添加で特徴が似ていることから、どちらにしようか悩んでいる方も多いようです。

 

そんな方のために、こちらの記事では私が実際に育毛剤を選ぶときに気になった観点からマイナチュレとベルタを比較してみました。ぜひ育毛剤選びの参考にしてくださいね。

マイナチュレとベルタを比較<目次>

 以下の目次から詳細ページに飛べます。

マイナチュレとベルタを価格・コストで比較

 

マイナチュレ

マイナチュレ

ベルタ

ベルタ 

容量

120ml

80ml

単品購入

5,745円

5,980円

定期購入初回価格

初回980円

初回3,980円

定期購入2回目以降

4,457円

4,980円

定期購入の特典ト

初回のみ:アミノ酸系シャンプー(3,180円相当)

毎月:ベルタ頭皮クレンジング(2,000円相当)

送料

単品購入:650円

定期購入:無料

単品購入: 648円

定期購入: 無料

1日のコスト

(※3か月定期購入した場合)

約109円

約154円

ベルタの良い点

ベルタは定期購入すると特典として2,000円相当の「頭皮クレンジング」が付いてきます。それも毎月!!クレンジングを使うことで頭皮の汚れや余分な皮脂をしっかり除去。頭皮を常にキレイな状態にしておくことは頭皮ケアにおいて大切です。育毛剤とクレンジングを併用することで育毛剤の有効成分がしっかり頭皮に行き渡って効果が発揮しやすいと言われてるんですよ。
また、ベルタは購入方法のバリエーションが豊富。1本だけでなく2本、6本まとめて届けてもらうことも可能です。しっかりお手入れしたい方、家族で使いたい方、定期購入が面倒臭いという方まで、目的や希望に合わせて購入方法を選べます。

ベルタの要改善点

ベルタは1本80mlと容量が少なめ。1日1回の使用でオッケーということなので通常の使用回数なら1か月は持ちますが、薄毛・抜け毛がかなり進行されている方には1日2回の使用がおすすめだそうです。つまり、1日2回お手入れを続けるとすると1本は15日ほどでなくなってしまいます。つまり、朝晩しっかりお手入れしたいという方は2本のまとめ買いをしなければいけません。2本セットは通常価格だと11,960円、定期購入でも9,780円とちょっと割高になってしまいます。

マイナチュレの良い点

マイナチュレの一番のポイントが定期購入の安さ。定期購入の1回目が980円で買えちゃいます。その割引率はなんと82%オフ!2回目以降も割引価格で続けられるのでコストを抑えて育毛ケアをしたい方におすすめです。

マイナチュレの要改善点

定期購入での初回価格から見ると、通常価格が高めですね。

マイナチュレとベルタを成分・効果で比較

続いて、マイナチュレとベルタを成分とその効果の面から比較してみます。

マイナチュレ

ベルタ

ベルタ 

有効成分

52

59

主要有効成分

センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α‐トコフェロール センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α‐トコフェロール

その他の有効成分

ビワ葉エキス、海藻エキス(1)、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス(1)、ヒオウギ抽出液、クロレラエキス、オウゴンエキス、ローマカミツレエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、セージエキス、アロエエキス(2)、キューカンバーエキス(1)、セイヨウサンザシエキス、セイヨウノコギリソウエキス、タイムエキス(2)、ラベンダーエキス(1)、ノバラエキス、ニンジンエキスなど プラセンタエキス、サクシニルアテロコラーゲン液、水溶性コラーゲン液、ヒアルロン酸ナトリウム、プルーン酵素分解物、ユキノシタエキス、海藻エキス、シルバーバイン果実エキス、ウメ果実エキス、カンゾウ葉エキス、イザヨイバラエキス、エイジツエキス、テンニンカ果実エキス、スターフルーツ葉エキス、イチョウエキス、アシタバエキス、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス、カモミラエキス、ビワ葉エキス、ジオウエキス、ヒオウギ抽出液、大豆たん白水解物など

副作用の報告

特になし

特になし

成分のナノ化

なし

あり

ダメージ成分

11種類(香料、着色料、鉱物油、パラベン、石油系界面活性剤、タール系色素、紫外線吸収剤、合成ポリマー、動物性原料、酸化防止剤、シリコン)

16種類(合成香料、天然香料、石油系界面活性剤、鉱物油、タール系色素、パラベン、紫外線吸収剤、シリコン、合成ポリマー、殺菌成分、キレート剤、抗酸化剤、ホルモン、ラノリン、アミン系化合物、天然色素)

成分の面ではベルタ育毛剤に軍配!

3つの主要育毛有効成分に関しては、マイナチュレ、ベルタともにセンブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α‐トコフェロールの3種類を配合。血行促進、抗炎症、抗酸化などの作用により、「炎症を抑え健康的な頭皮に、フケ・痒みを防止、毛母細胞を活性化、ハリ・コシのある髪の毛を育てる」といった効果が期待できるようです。

 

ではマイナチュレとベルタで何が違うのかというと、

  • 配合成分の数
  • 成分のナノ化
  • ダメージ成分の数

マイナチュレは52種類の成分を配合していますが、ベルタは59種類と成分数の多さで優ってます。

 

また、ベルタはビワ葉エキス、ジオウエキス、牡丹エキス、ヒキオコシエキス、シナノキエキス、プラセンタエキスなど、頭皮ケアに有効な32成分をナノ化。ナノテク発毛メソッドという発想で成分を超微細化することで毛穴の奥まで成分が浸透。毛根に直接浸透させることで育毛効果が最大限に期待できるんだとか。

 

また、パラベンや石油系界面活性剤などのダメージ成分は育毛成分の効果を半減させるだけでなく、頭皮環境を悪化させる原因となる恐れがあります。ダメージ成分がたっぷり入った育毛剤ではいくら育毛に有効な成分をたくさん配合していても、台無しになってしまうというわけです。ダメージ成分は出来るだけ少ないほうがベターなんですね。その点では、マイナチュレは全部で11種類のダメージ成分が無添加。ベルタはその数を上回る16種類もの成分を使用していません。

 

成分の面から見るとベルタのほうが優勢という結果になりました。

マイナチュレとベルタを返金保証サポートで比較

続いて、マイナチュレとベルタを返金保証の点から比較してみます。

マイナチュレ

ベルタ

ベルタ 

返金保証

180日(最大6本まで)

90日(初回1本のみ)

返品できる本数

最大6本まで

初回1本のみ

ベルタの返金保証は3か月の90日で、返品できるのは初回の1本のみ。
一方、マイナチュレはその倍の180日、半年間の全額返金保証が付いてます。開封済・使用済みでも最大6本まで返品可能というのはかなり太っ腹なシステムですよね。
というわけで、返金保証の点ではマイナチュレのほうが二重丸!と言えますね。

マイナチュレとベルタを比較まとめ

以上、マイナチュレとベルタをいろいろな観点から比較してみましたが、いかがでしたか?
比較した結果を表にまとめるとこんな感じ。

マイナチュレ

ベルタ

ベルタ 

価格・コスト

成分・効果

返金保証サポート

マイナチュレとベルタを価格・コスト、成分・効果、返金保証サポートの3点から比較してみましたが、育毛剤で大切なのがその育毛有効成分。マイナチュレもベルタもどちらも有効成分がたっぷり配合されていますが、総合的な配合成分の数で言えば、ベルタのほうが優勢と言えます。他の育毛剤にはない有効成分のナノ化もポイントが大きいですね。

 

その他の価格・コスト、返金保証サポートの点ではマイナチュレのほうに軍配が上がります。
育毛剤は効果を実感するまでにある程度長期間使い続けることが大切。なので、コスト的に続けやすいかどうかも大事なポイントと言えます。価格面から見ると、マイナチュレのほうがひと月当たりのコストも低いうえ、初回980円と始めやすくなってます。
また、全額返金保証についても、マイナチュレは6か月間の全額返金保証のサポートが付いてきます。ベルタは初回の1本しか返品できませんが、マイナチュレは最大6本まで返金対象となるので、本当に効果が実感できるのか不安・・・・という方も安心して育毛ケアできますね。

 

マイナチュレを6ヶ月間使用した私の体験談

>> マイナチュレ公式サイトへ <<